兵庫県弁護士会とは

HOME > 兵庫県弁護士会とは > 各種委員会の紹介 > 公害対策・環境保全委員会 > 兵庫県弁護士会 環境方針
消費者問題判例検索
弁護士と司法書士の違い
弁護士の職務と行政書士の職務の違い
ヒマリオンの部屋
こんなときはこちら
アクセス連絡先はこちら

各種委員会の紹介

兵庫県弁護士会 環境方針

<環境理念>
 私たちは、ますます深刻化する地球温暖化や、今後予想される地下資源の枯渇への対応が人類共通の重要課題であるとの認識のもと、兵庫県弁護士会の事業活動において、環境負荷の低減を図るために、弁護士会として自主的・積極的に、環境保全活動に取り組みます。

<環境保全への行動指針>

  1. 次の事項について環境目標・活動計画を定め、定期的に見直しを行い、継続的な改善に努めます。
  2. (1)電力の消費にともなう二酸化炭素排出量の削減
    (2)廃棄物の3R(減量、再使用、再生利用)の推進
    (3)水資源の節水
    (4)事務用品のグリーン購入
    (5)環境啓発活動

  3. 環境関連法規制や当会が約束したことを順守します。
  4. 環境への取り組みを環境活動レポートとしてとりまとめ公表します。

制定日:2009年12月10日
兵庫県弁護士会
会長  春 名 一 典

ページのトップへ
兵庫県弁護士会