兵庫県弁護士会とは

HOME > 兵庫県弁護士会とは > 各種委員会の紹介 > 消費者保護委員会 > 消費者契約法用語集
消費者問題判例検索
弁護士と司法書士の違い
弁護士の職務と行政書士の職務の違い
ヒマリオンの部屋
こんなときはこちら
アクセス連絡先はこちら

各種委員会の紹介

消費者契約法用語集

消費者(2条1項):個人。事業として、事業のために契約の当事者となる場合を除く

事業者:法人その他の団体及び事業として又は事業のために契約の当事者となる場合の個人

消費者契約:消費者と事業者との間で締結された契約

不実告知(4条1項1号):重要事項について事実と異なることを告げること

断定的判断の提供(4条1項2号):確実でないものを確実であるような決め付けること

不利益事実の不告知(4条2項):一方で、ある重要事項(又は重要事項に関連する事項)について、消費者の利益になる旨を告げながら、他方で、(その重要事項について)消費者の不利益となる事実を故意に告げないこと

誤認(4条1項、2項):違うものをそうだと誤って認めること

重要事項(4条4号):物品・権利・役務等当該消費者契約の目的となるものの質、用途その他の内容及び当該消費者契約の目的となるものの対価その他の取引条件で、当該消費者契約を締  結するか否かについて通常影響を及ぼすべきもの

不退去(4条3項1号):消費者が事業者に、住居又は業務を行っている場所から、退去して欲しい旨の意思を示したにもかかわらず、退去しないこと

監禁(4条3項2号):事業者が勧誘している場所から、消費者が退去する旨の意思を示したにもかかわらず、退去させないこと

ページのトップへ
兵庫県弁護士会