兵庫県弁護士会とは

HOME > 兵庫県弁護士会とは > 各種委員会の紹介 > 法教育委員会
消費者問題判例検索
弁護士と司法書士の違い
弁護士の職務と行政書士の職務の違い
ヒマリオンの部屋
こんなときはこちら
アクセス連絡先はこちら

各種委員会の紹介


法教育委員会

法教育委員会では、小中高生を対象として、法や司法制度の基礎となっている価値を理解してもらい、自由で公正な社会を支える法的な考え方を身につけてもらうための活動を行っています。

1 講師派遣(兵庫県内の中学校、高等学校対象)

(1) 裁判のしくみと弁護士の役割
(2) 賢い消費者となるための知識
(3) 男女の平等(セクハラ、その他)
(4) 子どもの人権(いじめ、少年事件など)
(5) 交通事故

例年、30校前後の講師派遣依頼があります。
弁護士の生の声をきいてみませんか?
ご依頼をお待ちしております。


2 夏休みジュニアロースクール(兵庫県内の中学生対象)

 平成22年8月2日、中学生を対象として、夏休みジュニアロースクールを開催いたしました。
 今回は、裁判傍聴や、法律事務所への訪問、弁護士への質問などの後、中学生の皆さまに
ルール作りをしてもらいました。
 ルール作りとは、ある状況(紛争が生じる火種がある状況)を仮定して、住民間でのトラブルを未然に防ぐためのルールを作るというものです。
 各中学生に、それぞれの住民の役割を演じてもらい、それぞれの立場で譲れない主張を考え、お互い譲れない主張を持つ住民同士で、どのようなルールがあれば良いのかを考えてもらいました。
 これによって、なぜルールがあるのか、なぜルールを守らないといけないのか、ルールはどうやってできるのかなど、ルールへの理解を深め、法的な考え方を身につけることができたと思います。
 参加者の皆さまからも好評を得ることができました。
 平成23年の夏休みにも開催を予定しておりますので、奮ってご参加下さい。

  
ページのトップへ
兵庫県弁護士会