兵庫県弁護士会とは

HOME > 兵庫県弁護士会とは > 連載記事 当会の活動
消費者問題判例検索
弁護士と司法書士の違い
弁護士の職務と行政書士の職務の違い
ヒマリオンの部屋
こんなときはこちら
アクセス連絡先はこちら

連載記事 当会の活動

このページでは、2002年7月から2003年5月までの間、毎日新聞兵庫面に連載された「438人のヒマリオン」を、毎日新聞の許可を得て掲載しています。

連載記事は、弁護士会の各委員会の活動のほか、(財)法律扶助協会、阪神・淡路まちづくり支援機構等の関連団体や、裁判員制度や有事法制等のシンポジウム、更に番外として司法修習生まで、広く兵庫県弁護士会の活動をフォローしています。(なお、連載中、当会会員数の変動に伴い、「ヒマリオン(当会のイメージキャラクター)」の人数が、「424人」から「438人」に変更されています)

*2004年1月末日現在の会員数は455名です。

2003年1月から2003年5月までの掲載分

2002年7月から2002年12月までの掲載分

2002年12月18日「裁判員制度」模擬劇(公募の18人と裁判官対等に討議)

2002年12月4日弁護士報酬敗訴者負担(国や大企業相手の裁判困難に)

2002年11月20日刑事弁護センター(冤罪防止と容疑者の権利擁護)

2002年11月6日新人弁護士の抱負(「人の人生に明かりともしたい」)

2002年10月30日両性の平等に関する委員会(女性の人権侵害に取り組む)

2002年10月23日サラ金・クレジット被害者救済センター(弁護士立てれば闇業者退散)

2002年10月2日有事法制を考える集い(抽象的な「武力攻撃のおそれ」)

2002年9月25日人権擁護委員会(調査自体が侵害抑止にも)

2002年9月18日裁判員制度シンポ(150人がシンポで討議)

2002年9月11日住宅紛争審査会(性能評価書を基にトラブル解決)

2002年9月4日法律扶助協会(民事裁判の費用立て替え)

2002年8月28日犯罪被害者支援協議会(信頼関係基に被害回復を目指す)現:犯罪被害者支援委員会

2002年8月21日紛争解決センター「まちかど奉行」(身近なトラブル和解あっせん)

2002年7月31日少年問題無料相談(継続的、時にはチームで対応)

2002年7月17日高齢者・障害者総合支援センター「たんぽぽ」(「自己決定」の一助に)

2002年7月10日総合法律センター(弁護士と市民結ぶ)

ページのトップへ
兵庫県弁護士会