ホーム ヘルプ Powered by msearch
HP内検索  
 6件ヒットしました. 1件目から6件目を表示します. 検索にかかった時間0.0234375秒 

1. 090123 神戸地裁 ライフ 更生手続開始決定前の過払金
http://www.hyogoben.or.jp/hanrei/hanreihtml/090123.html
●090123 神戸地裁 ライフ 更生手続開始決定前の過払金 ●神戸地裁 平成20年(ワ)第1556号 不当利得返還請求事件(平成21年1月23日言渡) ●裁判官 山本正道(6部) ●代理人 辰巳ほか ●要旨 ◎ ライフ会社更生手続開始決定前の過払金について、ライフの免責・失権の抗弁の主張は信義則に反するとし、更生前の過払金の返還を全額肯定した事例 ◎ 本判決は、ライフの基本契約には充当の合意が含まれていることを前提に会社更生手続開始決定前後を通じて基本契約の要素である充当に関する合意も継続していたと認めている。 ◎ その上で (1)ライフは、企業価値を維持するため,本件更生手続開始申立てを契機とするカード会員の退会を防ぐことを. . .

2. 090325 大阪高裁 ライフ 会社更生
http://www.hyogoben.or.jp/hanrei/hanreihtml/090325.html
●090325 大阪高裁 ライフ 会社更生 ●大阪高裁 平成20年(ツ)第82号 不当利得返還請求上告事件(平成21年3月25日言渡) ●裁判官 横田勝年、塚本伊平、山本幸彦(1部) ●代理人 辰巳ほか ●原審 大阪地裁 平成20年(レ)第51号 ●要旨 ◎ ライフ会社更生手続開始決定前の過払金について、一般更生債権の弁済率54.298%の範囲内で、ライフの免責・失権の抗弁の主張は信義則に反するとし、更生前の過払金の返還を一部肯定した原審判決に対して双方が上告したが、いずれも棄却した。 ◎ 詳細は原審判決のコメント参照 → 右クリックで判決PDFの表示か保存を選択 ( 4,118KB ) ▲ 検索結果一覧へ戻る ▲ 検索システムTOPへ戻る PDFファイルをご覧いただ. . .

3. 080925 大阪高裁 ライフ 会社更生
http://www.hyogoben.or.jp/hanrei/hanreihtml/080925.html
●080925 大阪高裁 ライフ 会社更生 ●大阪高裁 平成20年(ネ)第685号 不当利得返還請求控訴事件(平成20年9月25日言渡) ●裁判官 横田勝年、塚本伊平、高橋文清(1部) ●代理人 辰巳ほか ●原審 神戸地裁 平成19年(ワ)第875号(掲載済) ●要旨 ●担当弁護士のコメント ◎ ライフ会社更生手続開始決定前の過払金について、一般更生債権の弁済率54.298%の範囲内で、ライフの免責・失権の抗弁の主張は信義則に反するとし、更生前の過払金の返還を一部肯定した事例 ◎ 「ライフカードはこれまで通り使えます」との宣伝の際に既存過払金返還債権について債権届出をしないと失権することがあるようなことを付け添えていないこと、債権届出をした2名の. . .

4. 080827 大阪地裁 ライフ 会社更生
http://www.hyogoben.or.jp/hanrei/hanreihtml/080827.html
●080827 大阪地裁 ライフ 会社更生 ●大阪地裁 平成20年(レ)第51号 不当利得返還請求控訴事件(平成20年8月28日言渡) ●裁判官 大島眞一、藤倉徹也、奥山雅哉(17部) ●代理人 辰巳 ●原審 大阪簡裁 平成19年(ハ)第18225号 ●要旨 ◎ ライフ会社更生手続開始決定前の過払金について、一般更生債権の弁済率54.298%の範囲内で、ライフの免責・失権の抗弁の主張は信義則に反するとし、更生前の過払金の返還を一部肯定した事例 ◎ (1)過払金を再生債権として届け出た者が2名、過払金返還訴訟が9件係属していたこと、 (2)保全管理人・管財人は、営業債権の規模の維持を重要視し、加盟店・カード提携先の維持を図るとともに、カード会員の不安の払拭. . .

5. 080821 神戸地裁 ライフ 会社更生
http://www.hyogoben.or.jp/hanrei/hanreihtml/080821.html
●080821 神戸地裁 ライフ 会社更生 ●神戸地裁 平成19年(ワ)第3330号 不当利得返還請求事件(平成20年8月21日言渡) ●裁判官 山本正道(6部) ●代理人 辰巳ほか ●要旨 ◎ ライフ会社更生手続開始決定前の過払金についてライフの免責・失権の抗弁を否定し、更生前の過払金の返還を全額肯定した事例 ◎ 基本契約に含まれる充当合意は、更生手続の前後を通じて継続していた。 ◎ 充当合意は、対立する2つの債権債務の清算に関するものではなく、基本契約に基づく1個の貸金債権あるいはそれと表裏一体の関係にある1個の過払金返還請求権の生成過程の計算方法に関する合意であることなどから、相殺予約ないし合意と同視できない。相殺禁止規定(旧法. . .

6. 080213 神戸地裁 ライフ 会社更生過払
http://www.hyogoben.or.jp/hanrei/hanreihtml/080213-k.html
●080213 神戸地裁 ライフ 会社更生過払 ●神戸地裁 平成19年(ワ)第875号 不当利得返還請求事件(平成20年2月13日言渡) ●裁判官 橋詰均、山本正道、澤田博之(6部) ●代理人 辰巳ほか ●要旨 ◎ ライフ会社更生手続開始申立(平成12年6月30日)前の過払金の返還を肯定。 ◎ 充当の合意は会社更生手続により影響を受けない。 ◎ 過払債権は最終取引時に具体的に権利行使可能な金銭債権として顕在化する(取引終了時に発生する1個の債権である)。 ◎ 更生前の過払の収受を容認することは更生手続の経緯に照らして不相当。 ◎ アイフルに対する実質的な営業譲渡である。 → 右クリックで判決PDFの表示か保存を選択 ( 2,287KB ) ▲ 検索結果一覧へ戻る. . .