こんな時はこちら

HOME > こんな時はこちら > 犯罪被害にあったとき
消費者問題判例検索
弁護士と司法書士の違い
弁護士の職務と行政書士の職務の違い
ヒマリオンの部屋
こんなときはこちら
アクセス連絡先はこちら

犯罪被害にあったとき

犯罪による被害を受けた方に 犯罪被害者支援センター

犯罪による被害者及びその遺族などの方々に弁護士がお力になります。
悩みをひとりで抱え込まないで、お気軽にご相談下さい。

Q. どのような人が利用できますか?

A. 犯罪によって被害を受けた本人、家族、またはこれらの方が相談できない状況であれば、事情がよくわかる方でも結構です。

Q. どのような支援がありますか。

A. 下記のような支援になります。
● 面談相談
● 示談交渉、民事裁判の提起、告訴手続等
● 捜査機関、司法機関、マスコミ等への対応
● 捜査機関及び司法機関からの情報収集
※これらの支援については、研修を受けた弁護士が対応します。

Q. 申込先はどこですか?

A. まず弁護士会分館(神戸市中央区東川崎町1丁目1番3号 神戸クリスタルタワー13階)へお越しください。
受付時間は平日月曜日から金曜日の午前10時〜正午、午後1時〜3時までです。

Q. どのような手続ですか?

A. 受付で、弁護士が簡単な相談内容をお聞きし、犯罪被害者無料相談の利用要件に該当するかどうかを確認させて頂きます。
その上で、無料相談利用要件に該当する場合には相談日を予約します。
相談日は毎週木曜日、相談時間は午後1時〜4時です。
(※水曜日時点で予約が入っていない場合は、その週の相談は中止とさせて頂いておりますので、その場合は木曜日にお越し頂いても当日のご予約はお取りできません。)

Q. 相談は有料ですか?

A. 面談相談は無料です。

※無料相談利用要件に該当しない場合には、一般法律相談(有料・事前予約制)等の利用をご検討頂くこととなりますのでご了承下さい。

※支援活動を行った場合は、弁護士費用が発生します。
その額は、適正かつ妥当な範囲内において、当事者間で協議した額となります。

ページのトップへ
兵庫県弁護士会