こんな時はこちら

HOME > こんな時はこちら > 消費者被害にあったとき > 消費者判例速報第32号(2013年5月号)
消費者問題判例検索
弁護士と司法書士の違い
弁護士の職務と行政書士の職務の違い
ヒマリオンの部屋
こんなときはこちら
アクセス連絡先はこちら

消費者被害にあったとき

消費者判例速報第32号(2013年5月号)

  • 「専修学校の入学前に在学契約を解除した場合の納入した授業料等の学費不返還特約は無効として、適格消費者団体の学校法人に対する右特約の意思表示等の差止請求が認容された事例」
    (名古屋地裁平成24年12月21日判決、判例時報2177−92)
  • 「証券会社の証券投資が違法な過当取引にあたり顧客が右取引により損害を被ったとして証券会社に対し求めた損害賠償請求が認容された事例」
    (大阪地裁平成24年9月24日判決、判例時報2177−79)
  • 「当該建物には建物として基本的安全性を損なう瑕疵があるとして、建物の買受人の設計者、施工者、工事監理者に対する不法行為に基づく損害賠償請求が認められた事例」
    (福岡高裁平成24年1月10日判決、判例タイムズ1387−238)
ページのトップへ
兵庫県弁護士会