くらしの法律相談

1999年 神戸新聞掲載『くらしの法律相談』

<<1999年掲載一覧へ戻る

「4月から兵庫県弁護士会に − 記念シンポに相談活動も」神戸新聞 1999年1月29日掲載

執筆者:上谷 佳宏弁護士

神戸弁護士会は、一八九三(明治二十六)年の設立以来百六年にわたって用いてきた「神戸弁護士会」の名称を、一九九九年四月一日から「兵庫県弁護士会」に変更し、これを記念して各種行事を行います。

A弁護士:どうして名称を変更することになったのですか。

B弁護士:神戸弁護士会というのは兵庫県内に事務所を置くすべての弁護士が加入する組織ですが、名称からは神戸市内の弁護士だけの会のような印象を受けることが多かったのです。

A弁護士:名称と実体を一致させ、県民に分かりやすくさせるために変更したということですか。

B弁護士:形式的にはそういうことですが、実質的にはもっと積極的に、弁護士会が兵庫県全域にわたって、より充実した法的サービスを提供することを宣言するという意味もあるのです。

A弁護士:記念行事はどのようなものですか。

B弁護士:次に紹介しますが詳しくは同会(TEL 078・341・7061)までお問い合わせください。

[1]パネルディスカッション「弁護士と地域のかかわり」。四月一日午前十時半から神戸市中央区橘通一、同弁護士会館で。入場無料。
[2]無料法律相談キャラバン隊。三月三十日=香住町▽三十一日=但東町▽四月二日=関宮町▽五日=和田山町▽六日=氷上町▽七日=中町▽八日=市川町▽九日=山崎町▽十二日=佐用町▽十三日=御津町▽十四日=西淡町。
[3]「遺言の日」記念行事。四月十五日午後一時から同会会館ほか同会各支部で開催。入場無料。
[4]高校生懸賞論文。内容は弁護士に関するもので二千字以内。最優秀賞一人、(賞品は図書券五万円分)、優秀賞五人(同一万円分)を選ぶ。最優秀論文は当会会報に掲載。応募は、氏名・住所・学校名・学年・電話番号を明記し、〒650-0016 神戸市中央区橘通一ノ四ノ三、神戸弁護士会へ。三月十日必着。