くらしの法律相談

HOME > くらしの法律相談 > 2014年 神戸新聞掲載『くらしの法律』相談 > 子ども名義の口座 離婚でどうなる−共同で築いた財産なら分与
消費者問題判例検索
弁護士と司法書士の違い
弁護士の職務と行政書士の職務の違い
ヒマリオンの部屋
こんなときはこちら
アクセス連絡先はこちら

2014年 神戸新聞掲載『くらしの法律』相談

子ども名義の口座 離婚でどうなる−共同で築いた財産なら分与 神戸新聞 2014年3月18日掲載

執筆者:辻 浩一弁護士

Q:夫と離婚する際、子ども名義の預金はどう分けたらいいでしょうか。親戚から子どもにもらったお年玉などを貯めた預金口座と、夫婦で子どもの将来のために積み立てをした預金口座があります。

A:夫婦は婚姻期間中に働いて収入を得たり,家を購入したりするなど、共同で財産を築きます。通常,離婚にあたり、財産分与という夫婦間の財産関係の清算が行われます。夫婦の一方が応じない場合は,分与するよう請求することもできます。
財産分与の対象となるのは,夫婦が婚姻期間中に共同で築いた財産です。これに該当するかどうかは,財産の種類,形成の趣旨や目的などを、総合的に判断して決めていきます。名義が子どもや夫でも、分与の対象になります。
今回の事例では,@親戚から子どもにもらったお年玉などを貯めたA夫婦で子どもの将来のために積み立てした−という子ども名義の預金について,分与の対象となる財産かを見ていきます。
@については,子どもが親戚からもらったお年玉などで、贈与を受けた子どものお金といえます。夫婦が婚姻期間中に共同で築いた財産とはいえず、分与の対象となる財産には該当しないでしょう。
Aについては,もともと夫婦のお金の中から少しずつ積み立てをしたので,夫婦が婚姻期間中に共同で築いた財産として分与の対象となるといえそうです。
もっとも,この預金は,子どもの将来のために使用されることが予定されています。夫婦から子どもに贈与された財産といえるような場合は,分与の対象にならないと考えられ,このような判断をした裁判例も存在します。

掲載年一覧

ページのトップへ
兵庫県弁護士会